人材開発会議

人材開発会議の本の画像
なぜか会社も社員も気がつかない新しい働き方 人材開発会議

田代英治 著
1,470円(税込)
四六判・208頁
ISBN 978-4-906454-16-7

川崎汽船(株)元人事課 課長、独立系人事コンサルタント 田代さんの実践ERM構築法!!
成果主義、反成果主義が入り乱れる職場環境に提言する
日本版 Employee Relationship Management。
人気ブログ「人事労務屋のつぶやき~独立編~」でおなじみの著者が体験的に語る、
新しい働き方のアドバイス!

著者の紹介

tashiro.jpg田代 英治 (たしろ えいじ)

1961年8月福岡県直方市で生まれる。
1985年3月神戸大学経営学部卒業。
1985年4月川崎汽船株式会社入社。人事部での勤務は通算9年間。(営業部での勤務が11年)
1997年12月社会保険労務士(勤務)登録。
2005年6月会社を退職し、社会保険労務士として独立。川崎汽船株式会とは引き続き業務委託契約を締結。
2006年9月株式会社田代コンサルティング設立。

目次

Part1 元気のない社員
Q1 突発的な異動に納得しない社員
Q2 自分は駄目だと思い込む社員
Q3 使い走りの毎日、何の身にもなりません。

Part2 疲れた社員
Q1 マンネリ社員のジレンマ
Q2 実績評価制度に翻弄される社員
Q3 頑張る女性社員の悩みは深い
Q4 くたびれ果てた管理職

Part3 転職したくなる社員
Q1 転職虫が動き出す
Q2 32歳、初めての転職
Q3 転職してキャリアアップしたい

Part4 独立起業を目指す社員
Q1 独立を目指す中堅社員
Q2 円満退社で独立起業するための秘訣とは
Q3 家族の賛同と協力をどう得るのか

Part5 戸惑う中高年社員
Q1 60歳から継続雇用を希望
Q2 55歳で役職定年

Part6 主張する女性社員
Q1 育児休業申請に思い悩む社員
Q2 正社員になりたいパート社員
Q3 セクハラ・パワハラに断固戦う
Q4 わたしをなぜ課長にしないのか

中身を少しだけ・・・

「Q」は悩める社員の質問・相談事例(Question)、それに対して2つのAnswer、「社員のアングル」と「会社のアングル」と双方から検証します。最後は著者の田代さんが体験的アドバイスを贈る、かつてない人事本!

jinzai-contentsImage.jpg

推薦の言葉

ブログで紹介されました。

スマイルハート社長の日記
2007年03月10日
人材開発会議
http://app.blog.livedoor.jp/fukai0225/tb.cgi/50520351

つるの式:自己演出コミュニケーション
2007年03月13日
【書籍紹介】社員とコミュニケーションの最新事例を学ぶ:人材開発会議
http://www.kohoman.com/blog/archives/cat11/index.html

働く人々~シブトクつよく明るくいきましょ
2007年03月14日
「人材開発会議」
http://renge.exblog.jp/

いい会社ってどんなだろう
2007年03月16日
人材開発会議 ・・・・ 社員・会社の相互理解でWinWinに!
http://plaza.rakuten.co.jp/sennjyou3033/

メールマガジンで紹介されました。

スーパー広報術[2007/04/12]
|03│肥田野正輝の「理系レビュー」……………………「人材開発会議」

■会社と従業員の21世紀的関係とは(1/2)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
会社と従業員の関係を、単なる「使用従属関係」としか考えられない人たちが、
労使を問わず多い。女工哀史の不幸な過去は繰り返すべきではない。だが、平
成の世に、明治の発想では、労使双方とも真に幸福にはなれない。

相互理解に基づく、新たな発想が必要なのだ。著者の田代氏は「人事労務屋」
の愛称で有名な、社会保険労務士の人気ブロガー。退職した会社と独立業務契
約を結びつつも、コンサルティングや講演・執筆などで活躍する。

21世紀的労使関係を自ら実践しているといえるが、これが唯一の解という主張
ではない。誰にでも、職種、役職、性別、年齢、家族、性格などの「個別事情」
が存在する。これらの人事問題に対処する術が、体系的にまとめられている。

当初、読者層をどこに置くのかと、著者の狙いをつかみかねた。企業の人事担
当者なのか、悩みを抱える社員なのか、と。人事問題に関する各トピックには、
二つずつの回答があるからだ。「社員のアングル」と「会社のアングル」だ。

前者は、問題を抱えた社員の心理や解決策にスポットが当てられている。後者
は、人事担当者が取るべき行動や、社員との接し方がメインだ。読者は、この
アイデアがいかに画期的か、すぐに気付かされるだろう。

読者がいずれのサイドであれ、相手方の論理や立場、考え方を理解することに
つながるからだ。人事とは「人」に関することであり、そこには自ずと感情が
絡む。相手を理解することなく、感情の問題を解決するのは不可能なのだ。
[続きを読む→(2/2)へ] http://s-pr.com/super-prway/all.php?id=1520

掲載記事

労務行政研究所の人事・労務専門雑誌「労政時報」第3698号(2007年3月23日発行)
BOOKGUIDE欄に書評が掲載されました。

 著者は、元川崎汽船(株)人事課長で、現在は独立系の人事コンサルタント。人気ブログ「人事労務屋のつぶやき~独立編~」でもおなじみである。
 本書は、会社で働くうえで、さまざまな悩みを抱える社員の質問に対し、その解決法を、社員側と会社側両方の立場からみてアドバイスするというもの。いわば、悩みを抱える本人と、制度を運用・展開する会社(特に人事部)の双方に向けた処方せんといえる。
 構成は、1.元気のない社員、2.疲れた社員、3.転職したくなる社員、4.独立起業を目指す社員、5.戸惑う中高年社員、6.主張する女性社員―からなり、合計で19の質問(悩み)を取り上げる。登場人物は、自分が駄目だと思い込む入社2年目の若手社員や、業績責任と業務量でくたびれ果てた管理職、役職定年でモチベーションが低下した元管理職―などさまざま。
 日本版ERM(Employee Relationship Management:社員と会社がウィンーウィンの関係を築くマネジメント)の構築に向けた、実践的なアドバイス満載の好著である。


産労総合研究所の人事・労務専門雑誌「人事実務」第1012号(2007年4月15日発行)
Books欄に書評が掲載されました。

 本書は、働き方や会社との関係を模索する若手社員、転職したい社員、独立を目指す社員、60歳を過ぎて継続して働く社員、育児休業申請に思い悩む社員等、さまざまな悩みを抱える社員に対して、マンガや筆者の体験を交えながら、Q&A方式でアドバイスを送っている。たとえば、「マンネリ社員のジレンマ」、「32歳、初めての転職」、「円満退社で独立起業するための秘訣とは」、「60歳からの継続雇用の希望」、「正社員になりたいパート社員」等がテーマである。そして、社員の視点、会社の視点という2つの視点から解説している点が特徴だ。
 社員の視点では相談者自身へ直接アドバイスを、会社の視点では主に人事部としてどう対処するかを示している。この2つの視点を紹介することによって、より広い視野でそれぞれの問題を見ることができるだろう。いずれの視点からも、客観的な分析と具体的な解決法を提示している。
 本書は、これらを通して社員と会社がともにハッピーとなる、「ウィン・ウィン」の関係を築くという、「日本版ERM(Employee Relationship Management)の構築を目指すものである。

労働開発研究会の労働法学研究会報第2403号(2007年4月15日発行)
BOOK REVIEWに書評が掲載されました。

 本書は、本会報で「労使のミカタ 問題解決のヒント」を連載している田代英治氏の新著である。社会保険労務士として独立した同氏は、川崎汽船人事部時代の経験を生かした講演、コンサルティングなどを行っている。
 執筆にあたり著者が目指したのは「日本版ERM」だという。ERMとは耳慣れない言葉かもしれないが、Employee Relationship Managementの略語で、従業員関係管理、よりわかりやすくすると社員との関係管理とでも訳せばよいのだろうか。
 その管理によって社員も会社も幸せになろうというのが本書の立場である。
 本書の特徴は、従業員の悩み、例えば「育児休業を取りたい」という悩みに対して、従業員の立場、会社の立場双方から悩み解決のアプローチを図っている点にある。川崎汽船で人事部のほかに営業職もしていたという著者ならではの視点といえるだろう。各パートは、従業員の悩み、従業員・会社へのアドバイス、さらに著者の経験を基にしたアドバイス、という構成になっている。
 それぞれの事例も具体的、かつヴィヴィッドである。
 Part1~6に分かれているが、各パートごとに「疲れた社員」、「転職したくなる社員」、「戸惑う中高年社員」などの事例が紹介されている。
 「育児休業申請に思い悩む社員」の項では、休業を申請したものの上司から「休業を取ったら困る」といわれた女性へのアドバイスが書かれている。
 労働法・労働問題の問答集では、「育児休業については法律でこうなっている」という解説にとどまることが多い。しかし、本書では、法律がどのようになっているかを踏まえ、会社・上司へどのように働きかければ、仕事と育児を両立できるか、と助言している。
 具体的には、育児休業中はパートか派遣の社員で代替できませんか?と会社に打診してみては、などという社員への助言である。このように会社に働きかけができるのは、かなり有能な社員に限られるのではないかという疑問も生じるのではないかと感じた。有能ではないその他大勢の社員のための「育児休業を取得する方法」も読みたい気がする。
 そうはいっても、会社側にそうした余裕がないのは事実。著者が指摘するように、中長期的な要員計画が企業には求められているといえよう。
 それぞれの悩みに対して書かれている著者の体験的アドバイスが本書の読ませどころ。継続雇用、パワハラ、パートの正社員化といった問題などに直面した際のケーススタディとしても役立つ一冊である。

日本人材マネジメント協会のJSHRM Insights Vol.38 2007.4に書評が掲載されました。

 Part1 元気のない社員
 Part2 疲れた社員
 Part3 転職したくなる社員
 Part4 独立起業を目指す社員
 Part5 戸惑う中高年社員
 Part6 主張する女性社員

 各パートでは具体的な悩める社員の質問・相談事例を取り上げ、それに対すて2つのAnswer、「社員のアングル」と「会社のアングル」と双方から検証します。最後は著者が体験的アドバイスを送る、かつてない人事本。

著者の紹介

著者の画像

田代 英治
(たしろ えいじ)

1961年8月
福岡県直方市で生まれる。

1985年3月
神戸大学経営学部卒業。

1985年4月
川崎汽船株式会社入社。人事部での勤務は通算9年間。(営業部での勤務が11年)

1997年12月
社会保険労務士(勤務)登録。

2005年6月
会社を退職し、社会保険労務士として独立。川崎汽船株式会とは引き続き業務委託契約を締結。

2006年9月
株式会社田代コンサルティング設立。

株式会社
田代コンサルティング
オフィシャルホームページ

著書一覧

人事・総務・経理マンの年収を3倍にする独立術 今ある仕事のスキルを生かして自由な時間と安定収入を両立する働き方

詳細を見る

「人事・総務・経理マンの年収を3倍にする独立術」

800円(税別)
経営者新書・184頁
ISBN 978-4-344-97249-0

ご購入はこちら

人事部ガイド はじめてでも分かる人事の取説

詳細を見る

「人事部ガイド
はじめてでも分かる人事の取説」

1,000円(税別)
経営書院・86頁
ISBN 978-4-903613-11-6

ご購入はこちら

人事社員の実務と心得

詳細を見る

「はじめての
人事社員の実務と心得」

1,000円(税別)
経営書院・80頁
ISBN 978-4-86326-092-4

ご購入はこちら

人材開発会議

詳細を見る

「なぜか会社も社員も
気がつかない新しい働き方
人材開発会議」

1,470円(税込)
四六判・208頁
ISBN 978-4-906454-16-7

ご購入はこちら

労働法学研究会報

詳細を見る

労働法学研究会報
連載「労使のミカタ~紛争解決のヒント」

ご購入はこちら

先見 労務管理

詳細を見る

先見 労務管理
連載「人事労務泣き笑い」

ご購入はこちら

労務事情

詳細を見る

労務事情
連載「元・人事労務屋の企業訪問~人事労務の現場で得た最新情報を発信~」

ご購入はこちら